ブレーキパッドの寿命ってだいたいどのくらい?

ブレーキは車のパーツの中でも、最も重要な物の一つです。

 

走行している車の速度を落としたり、停車する為のパーツですからしっかりとメンテナンスをする必要があります。ブレーキには、ディスクブレーキとドラムブレーキが有ります。どちらもブレーキパッドを押し付ける事で、制動力を得ています。ですからブレーキを使えば使うほど、ブレーキパッドはどんどん摩耗する事になります。点検をしてもし摩耗してしまっている場合は、交換が必要になります。

 

ちなみにブレーキパッドの寿命は、5万から6万キロ程度と言われています。もちろんこれよりも早く摩耗してしまう事もありますし、逆に長く持つ場合もあります。ですが、これは普通に走行している場合に限るので注意が必要です。レースに用いた場合は高温に晒されてしまって、性能が劣化してしまっている可能性が有ります。こういう場合は、摩耗していなくても交換が必要になります。

 

また同様にトラブルでブレーキの引きずりを起こしてしまった場合も、高熱に晒されている可能性が有るので交換するようにしましょう。ディスクブレーキの場合は、分解しなくてもブレーキパッドの残量を確認する事が出来ますので、日頃から点検しておくと安心です。

Comments are closed.