ブレーキパッドの交換の時期について

私たちは車と関係した暮らしをしています。田舎01

 
車は私たちの生活と密接に関係しているのです。
日常生活では人の送り迎えをしたり、買い物に行ったり、ドライブをしたりします。
仕事では仕事場への行きや帰りの際に利用したり、仕事自体での利用をしたりします。
また、車は自分で運転しなくても他の人が運転して私たちを助けてくれることがあります。
タクシーやバスなどです。

 
これらの車は自分が目的地に行くための運転を有料で行なってくれます。
他にも物を配送する配送車や荷物を運ぶ宅配便の車などは私たちの生活に必要な存在です。
現在の車は沢山の機能が存在し、以前よりも進化しています。

 
より安全にするための機能としてはブレーキを踏んだ時にタイヤがロックしないシステム、ぶつかった時に車内の人間を守るエアバッグシステム、対象物が目の前にある時に自動で停止するシステムなどが備わっています。

 
これらのシステムは全て今までの車の歴史を総合して開発されたものです。
車において最も重要なのはブレーキです。

 
オートマチックの車ではまずブレーキを踏みこんでからでないと発進することはできません。
このブレーキは運転者の命を守る要なので、整備の際にも重点的に点検をされます。
中でもブレーキパッドは大きな役割を果たしており、車が減速したり停止したりする際に摩擦が起こるものです。
このことからブレーキパッドはすり減っていくものなのです。

 
交換をする目安は半分程度の厚さになったら検討します。
通常は新車であれば10ミリなので、半分の5ミリになったら考える時期です。
これが2ミリまでになると非常に危険です。

Comments are closed.