ローターとは

ディスクブレーキの構造におきまして、制動力を左右するパーツの一つとしましてブレーキローターを挙げる事が出来ます。

 

このパーツは円盤状の部品でこのディスク面をブレーキパッドで左右から挟み込む構造で制動力を得ますが、構造や材質により性能に差が生じます。構造的には放熱性の向上を目的としてベンチレーション機能が付いたベンチレーテッドディスクと機能が無いソリッドディスクに分類されていますが、現在ではベンチレーション式が主流な傾向です。ディスクの大きさに関しましては、径の大きい方が放熱性に優れ又、大きな面積のブレーキパッドを使用する事が可能であり、制動力に効果が発揮されます。一部の高性能車等ではディスク面にスリットと呼ばれる溝を彫り込んだタイプも有ります。

 

これは熱により硬化したり変質したブレーキパッドの表面部分を削り取る事で、常に良い状態のブレーキパッド表面を確保する為のアイデアです。その他にもドリルドタイプとしましてディスク面に貫通した穴を開けたタイプも有ります。これはブレーキパッドの表面削りだし効果と放熱性の向上が目的のアイデアです。これらの製品は高価な物になりますが、通常のメンテナンスとしましては、ディスク面を均等な表面状態にする為の研磨等が有ります、凹凸が有りますとパッドとの接触に偏りが生じトラブルの原因にもなります。

Comments are closed.