ブレーキシューとは

車のブレーキには大きく分けて2つの種類があります。

 

ひとつはディスクブレーキで、タイヤのホイールの内側にブレーキディスクが取り付けられ、ディスクの内側と外側をブレーキパッドで挟むようにしてブレーキがききます。ディスクを比較的大きくでき、冷却性にも優れているので、理想的なブレーキの構造となっています。そのため最近の乗用車には多く採用されており、レースで使用されている車両は全てディスクブレーキとなっています。

 
一方でドラムブレーキと言う種類がありますが、これは古くから使われてきたブレーキの種類です。構造は円盤状のブレーキドラムと言うものがあり、その内部にライニングと呼ばれるブレーキシューが取り付けられています。ブレーキをかけるとライニングがドラムの内側に接触し、その摩擦によって制動力が生じます。欠点としてはライニングが熱を持ちやすいので頻繁にブレーキをかけると制動力が落ちてきてしまいます。

 

しかし、制動力自体は非常に強力なので、現在でもトラックやダンプなど重量のある車両にはほとんどがドラムブレーキを採用しています。シューの材質は昔はアスベストが多く使われていたようですが、最近ではガラス繊維やカーボン繊維が主流となっています。

Comments are closed.