ブレーキパッドの点検方法について

ブレーキパッドとは、ブレーキをかけるために必要な部品です。

 

ブレーキは、ディスクパッドにブレーキバッドを押し当ててる方法で車体を停止させる構造です。よって、滑りにくい素材になっていますので、使えば使うほど摩耗してく消耗品です。目視による点検によって、摩耗を確認して適度な間隔で交換を行います。ブレーキバッドが古いと、ブレーキが効きにくなります。そうなると、自動車の安全性に問題がでてきます。一般的に、自動車の消耗部品の中でも、最も摩耗しやすい部品と言われています。ブレーキをかけると、キーキーと不快な音がするようになったら交換時期です。ブレーキパッドは、交換時期が近くなると、金属を音を出します。それによって、運転者に摩耗を知らせる構造になっています。適正なブレーキパッドに変えると、再びブレーキが効きやすくなります。田舎02

 

ブレーキの効きが悪くないのに、音がするときもあります。それは、摩耗の仕方によってブレーキパッドに角ができてしまうゆえです。この場合は、業者に依頼して角を削ってもらいます。ブレーキに関する日常のチェック項目は、ほかにもあります。ブレーキペダルの踏みしろは十分か・きき具合・パーキングブレーキの引きしろ・ブレーキフードの量です。

Comments are closed.